身体が求める水・・・おいしい水調べ隊@ブログ http://www.minnow-lang.org Sun, 10 Nov 2013 06:00:00 +0000 ja hourly 1 http://wordpress.org/?v=3.2.1 地下水から美味しい水 http://www.minnow-lang.org/2013/11/11/bookmarks-of-20131111/ http://www.minnow-lang.org/2013/11/11/bookmarks-of-20131111/#comments Sun, 10 Nov 2013 06:00:00 +0000 admin http://192.168.9.32/minnow-lang-org/2013/11/11/bookmarks-of-20131111/ 先日洞窟探検の番組がTVで放送されていました。
この洞窟探検は密かなブームとなっているようで、TVの画面からもそのスリルと興奮が伝わってきます。
今では全国の大学などに探検部と称するサークル活動が存在し、多くの洞窟探検が行われているようです。
この洞窟は鍾乳洞と呼ばれるところも多く、何万年という年月を費やし、水滴が滴り落ちて削った石灰岩が神秘的なカタチを作り上げ、見る人たちに感動を与えています。

この石灰岩を削り取る(浸食する)水の力ってスゴイと思いませんか?この鍾乳洞に存在する水は地表水や地下水などから持ち込まれているそうです。
特に地下水はその純度が高く、岩やすな、粘土質の土などを伝わって湧き出るため、その水質が多様に分かれ、それぞれの特徴を持った地下水が全国に湧き出ています。

この地下水をくみ上げ飲料用にしたのが、ペットボトルの水です。今ではコンビニを始め、多くのお店で当たり前のように販売されています。その背景としては「もっと美味しい水を飲みたい」というのと健康志向が高まったことによることが大きいようです。
そしてさらに家庭で常に飲用できるよう水宅配のビジネスが市場を賑わしています。
この水宅配の会社やメーカーを紹介しているサイトがあるのです。
こちら http://vtsustainabletourism.org/

水宅配徹底ガイドというサイトは今人気の水宅配の会社を比較するとともに、美味しい水の特徴や水宅配を家庭に持ち込んだ場合の電気代などを詳しく紹介しています。
わが家も水宅配を導入して丸2年、毎日美味しい水をいただいています。ほんと水道水とは比べものになりません。その味に慣れてしまったら、もう二度と水道水は飲めなくなりました。
これから健康に役立てたい、より美味しい水を飲みたいという方にはおすすめのサイトです。

]]>
http://www.minnow-lang.org/bookmarks-of-20131111/feed/ 0
美味しい水とは http://www.minnow-lang.org/2013/11/10/bookmarks-of-20131110/ http://www.minnow-lang.org/2013/11/10/bookmarks-of-20131110/#comments Sat, 09 Nov 2013 06:00:00 +0000 admin http://192.168.9.32/minnow-lang-org/2013/11/10/bookmarks-of-20131110/ 美味しい水とはどのような水をいうのでしょう
コンビニなどで販売しているペットボトルの水や水宅配の水はおもに地下水などからくみ上げられた天然水を販売しています。この天然水は、地価の岩石や砂、土などに染みこみ、不純物のない純度の高い水として日本各地の水源地から取水したのをはじめ、ヨーロッパなどの海外からの水も販売されています。
そしてこの天然水は地下の様々なところを通るため、その採取されたところの特徴で成分と味が違ってくるのです。
特に、水が地下を通る際の鉱物の影響により、味が大きく違ってくるのです。

水そのもは無味無臭といわれていますが、
おいしい水とは、純粋な水ではなく、岩石や砂などの鉱物が溶け込んでいる水なんです。
ですから水に味があり、その味をよくする成分があることで美味しい水と感じるのです。
そのおいしい水に含まれる主な成分としてカルシウム、マグネシウム、ナトリウム、カリウムなどのミネラル成分があります。これらのミネラル分の成分量で大きく味が変わってきます。
それらミネラル成分の中で多く含まれるカルシウムやマグネシウムの含有量が多ければ硬水といわれています。また、それらの成分が少ないと軟水ということになります。そしてその水の硬度を数値で表し、100以上の水が硬水、100未満の水を軟水と一般的に呼ばれています。

ヨーロッパの水は硬水が多く、日本の水は逆に軟水が多いのが特徴です。その理由として河川の長さがヨーロッパが長いのに対し、日本は短く、河川が長いことで鉱物の影響を受けたヨーロッパに対し、その影響を余り受けない日本は軟水が多く、飲料用に適しているといわれています。
味の特徴としては、ミネラル成分の量が多いと苦味や渋みがあるといわれており、適当な量だと濃厚な美味しい水の味がすると言われています。

]]>
http://www.minnow-lang.org/2013/11/10/bookmarks-of-20131110/feed/ 0
美味しい水の条件とは http://www.minnow-lang.org/2013/10/16/bookmarks-of-20131016/ http://www.minnow-lang.org/2013/10/16/bookmarks-of-20131016/#comments Tue, 15 Oct 2013 06:00:00 +0000 admin http://192.168.9.32/minnow-lang-org/2013/10/16/bookmarks-of-20131016/ このように同じ地下水から採取された水も、とれた場所によって条件が違うため、その硬度が違い、味も様々です。
それでは美味しい水の条件とは、その基準とはあるのでしょうか。
これは厚生労働省「おいしい水研究会」の調査によるおいしい水の水質条件というのがあります。

その条件を紹介すると、

○蒸発残留物(ミネラル):30~200mg/リットル
主にミネラルの含有量を示し、量が多いと苦味等が増し、適度に含まれるとまろやかな味がする。

○硬度(カルシウム、マグネシウム等):10~100mg/リットル
ミネラルの中で量的に多いカルシウム・マグネシウムの含有量を示し、硬度の低い水はクセがなく、高いと好き嫌いがでる。

○二酸化炭素:3~30mg/リットル
溶け込んでいる炭酸ガスや酸素の量を表す。水にさわやかな味を与えるが、多いと刺激が強くなる。

○有機物等:3 mg/リットル以下
有機物量を示し、多いと渋みをつけ、多量に含むと水の味を損なう。

○臭気強度:3以下
臭いがつくと不快な感じがする。

○残留塩素:0.4mg/リットル以下
水にカルキ臭を与え、濃度が高いと水の味をまずくする。

○水温:最高20度以下
冷やすことによりおいしく飲める。

以上のような条件となっており、このような条件を満たしている水が「おいしい水」ということになります。
おいしい水の条件を満たした水であれば、大半の人が「おいしい!」と評価してくれるわけですね。
まとめてみると、適度なミネラル分と、不純物がなく臭いのない、適度な温度に冷やした水-ということになります。
この水の温度は人間が飲みやすいといわれる温度が大切です。これは季節などの環境にもよりますが、通常10℃~15℃位の温度が一番の飲みやすいといわれています。
ですので、ウォーターサーバーに入れ、直接飲む水宅配などは適しているといえるでしょう。

]]>
http://www.minnow-lang.org/2013/10/16/bookmarks-of-20131016/feed/ 0
私たちのカラダは水でできている? http://www.minnow-lang.org/2013/10/15/bookmarks-of-20131015/ http://www.minnow-lang.org/2013/10/15/bookmarks-of-20131015/#comments Mon, 14 Oct 2013 06:00:00 +0000 admin http://192.168.9.32/minnow-lang-org/2013/10/15/bookmarks-of-20131015/ 私たち人間の体を構成している部分の約60%は水だといわれています。
水分が不足してくると、カラダから信号が出てきますよね。一番は唇に潤いがなくなり、乾いてくることです。今、熱中症などが大きな問題となっていますが、この状態になると既に遅過ぎるといわれています。唇が乾くということはカラダから水分の蒸発に対し、その補給が充分に行われていないということのサインになります。
ですので夏場などは、汗をかく前に充分な水分をカラダに補給してやることが必要です。

カラダの水分が不足してくると、血液中の水分が少なくなり、濃度が上昇するため体温が上昇し、めまいや吐き気を催すようになります。これが熱中症です。このような症状になると、早めの処置が必要です。まずは水分を補給してやること。次に体温を下げてやることです。
水分の補給は一度に大量の水分を補給することは避けましょう。一度に摂ると胃腸で吸収されないため、血液へ運ばれて行かなくなり、尿として排泄されます。なので、こまめに数回に分けながら飲水を摂るのがコツです。
そして脇の下や、太ももの内側、首の側面などを冷やしてやります。比較的大きい血管が通っているところなので体温を下げるのに効果があります。

発熱がある、けいれんしだしたという場合は、症状が重くなっているので、直ぐに病院へ向かうようにしましょう。やはり、体に必要な水分は切らすことの無いようにしたいものですね。

]]>
http://www.minnow-lang.org/2013/10/15/bookmarks-of-20131015/feed/ 0
水分はいつ摂るか http://www.minnow-lang.org/2013/10/14/bookmarks-of-20131014/ http://www.minnow-lang.org/2013/10/14/bookmarks-of-20131014/#comments Sun, 13 Oct 2013 06:00:00 +0000 admin http://192.168.9.32/minnow-lang-org/2013/10/14/bookmarks-of-20131014/ 人間の体に必要な水ですが、普段余り飲んでいる記憶がない方もいるかもしれません。でも色んなカタチで摂っている場合もあるんです。

まずは朝昼晩と、普段の食事から摂っています。味噌汁やスープなど、また、野菜など食材に含まれている水分、食事と一緒に摂る水やお茶など、そして食後の珈琲などがあります。これだけでもいいのかというと実はそうでもありません。夏や冬など、季節の条件や温度状況にもよりますが、人間は体から発する熱を外に逃がすため、発汗作用によって体温を常に維持しています。この出る汗の量によって大きく違ってくるのです。

通常は、仕事の休憩時間などに水分を摂ったりするのが好ましいですよね。それから就寝前と朝の起床時にも水分の補給をしてやりましょう。就寝時にはコップ1~2杯の汗をかくといわれています。そのため、寝る前に補給をしてやるのと、朝起きて汗で失った水分を補給してやることです。

私はそれを3年前から毎日実施しています。それを実施するようになってからすこぶる体調がよくなったと感じています。中には1日2Lの水を飲む必要があると唱える方もいるようです。実際職場に毎日2Lのペットボトルを持参される方もいるくらいですから…。

それからスポーツなど運動をする前には必ず水分を体に補給してから行うとよいでしょう。そして運動中の休憩時などでもこまめに飲水を摂ることです。昔と違い、今はこれが常識となっているので、もうお解りですよね。

1日の中で、体は水分を求めているということを忘れないよう、こまめに飲水をしましょうね。

]]>
http://www.minnow-lang.org/2013/10/14/bookmarks-of-20131014/feed/ 0
水の水質は大丈夫 http://www.minnow-lang.org/2013/10/13/bookmarks-of-20131013/ http://www.minnow-lang.org/2013/10/13/bookmarks-of-20131013/#comments Sat, 12 Oct 2013 06:00:00 +0000 admin http://192.168.9.32/minnow-lang-org/2013/10/13/bookmarks-of-20131013/ 私たちが毎日飲んでいる水は料理などに使う水も含め、そのほとんどは水道水です。
この水道水も以前と比べ水質汚染という環境の変化から危険にさらされているといわれています。

水を汚している大きな原因となっているのが、生活排水です。以前は工場の排水が問題となっていましたが、法の規制や企業の環境問題に取り組む姿勢の変化などにより、改善されてきました。

それに変わって問題となっているのが各家庭から出される生活排水です。日常生活の中で何気なく出される炊事や洗濯、風呂の排水など、これらが一番の原因だといわれています。
洗濯などの排水は洗剤などの有機化合物が含まれ、それが生活排水となって河川などに流され、汚濁物質として環境の悪化を招いています。

自浄能力が余りない河川などはそれらが残留物として残り、水が汚染され、深刻な問題となっています。これは日本だけではなく、途上国も含め世界中の問題となっているようです。

この問題は各家庭の意識を変えることから始めなければなりません。ゴミの量の削減と同様、この生活排水の量を減らすことも大切です。そして当然水を汚さない工夫をすることです。残ったジュースなどは最後まで飲み干すなど、汚濁物質の原因となる元をできるだけ出さない工夫が大切となるのですね。

この水質汚染の問題は、水道水にも影響があるかもしれません。
そういった背景から、水宅配などの需要が高まってきたともいえそうです。飲料だけでなく、ご飯を炊くときや、料理に使ったりと、色んなカタチで活躍しているのが水宅配です。
わが家も健康な暮らしを目指したいため、このような美味しい水のある生活をエンジョイしています。

]]>
http://www.minnow-lang.org/2013/10/13/bookmarks-of-20131013/feed/ 0